ここがポイント!オフィスで働く心得

ここがポイント!オフィスで働く心得

オフィスやホールの職業に共通して求められること

オフィスの求人を沢山見ることができます。オフィスの仕事で代表的なのが事務職の仕事です。事務職では伝票の入力や計算、金銭の出納、見積りや請求書などの書類作成など、様々なスキルが問われる職業なのです。またそれらを、期限までに的確に正確に処理することが求められます。また接客対応で案内したり、お茶汲みしたり、電話対応なども求められるのです。事務職だからといって、机上でパソコンの操作だけしていれば良いというものではないのです。臨機応変に様々な業務を同時にこなして行く能力が非常に問われる奥深い職業であるのです。またオフィスの仕事にはコールセンターなどの職業があります。コールセンターには消費者のクレーム対応や機器の使用説明、入会申し込みの対応など様々なものがあります。こちらも机上でただ単に電話の対応をすれば良いというものではないのです。様々な消費者の置かれた状況を電話だけで想像をめぐらしながら把握し、状況に応じた対応を臨機応変にしていかなければいけないのです。そして決してお客様に失礼のないよう細心の注意で対応しなければならず、非常に神経を使う職業でもあるのです。

一方ホールスタッフという求人があります。こちらは、料理を提供するウエイターなどの仕事や、料理を作るシェフの仕事など、様々な職業があるのです。ウエイターの仕事は、お客様に料理を配膳することが主な役割です。しかしそれだけをしていれば充分という職業ではないのです。お客様を迎えるにあたり、ホールやトイレ、玄関の掃除など美化に徹底的に努めなければいけません。なおかつテーブルクロスを整えたり、グラスを磨いたりその業務は多岐にわたります。またお客様に快適に楽しく食事してもらうために、常に笑顔で対応する必要もあります。またお客様に料理について質問されたら即座に答えられるよう、料理についての知識や感性を磨いておく必要もあるのです。一見オフィスやホールスタッフの求人や職業は、全く別物のように感じますが、お客様第一で一歩先回りした配慮をすることや、気を利かせて行動し、細やかな神経を使うなど、そうしたスキルが問われる点では共通項が見られるのです。要するに、仕事とはどんな職種であってもそうしたスキルや能力が一番求められることなのかも知れません。

おすすめ情報